ワールド・オブ・ライズ

こないだは、小さいスクリーンだからってやめたけど、
やっぱり見に行っちゃった。
そうしたら、前より小さいスクリーンになってた(T_T)

『ブラッド・ダイアモンド』といい『ディパーテッド』といい、
最近のレオさまは、似たような辛い役が多いですね。
今回、ラッセル・クロウがメタボで嫌味な上司。
遠くにいるくせに、言いたい放題。
「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起こっているんだぁ!」って感じでした(笑)
ラッセル・クロウの眼鏡の上からのぞく視線、嫌味さ倍増デス。

砂漠をピカピカのベンツが走る(笑)とか、ヘリとの対決とか、
アクションもありありで、頭脳戦もあり、ドキドキハラハラな展開。
スパイもの好きなわたしとしては、かなり楽しめましたけど、
看護師に本気ってのが、許せないです(T_T)
CIAの中でも優秀な工作員なのに、
女のために命をかけるとか、ありえないと思うんですけど。
ラッセル・クロウはそれに協力するけれど、
レオ様を見失ったら、あっさりあきらめちゃうし。
えーー、ずっと一緒にやってきた仲じゃないのー。
そこは、もうちょっとがんばって欲しかったわ。
やっぱりね、どっちもどっちということで、
ハニが一番素敵でした!!
[PR]

by blueblueclub | 2008-12-31 18:53 | movie