世界の中心で愛をさけぶ

友達に借りた。

二時間ぐらいで読めちゃうよとは聞いていたけど、
ホントでびっくりした。
映画とドラマでなんとなく知っているだけに、
余計に早く読めたかもだけど。
なんか、映画とドラマはわざと泣けるように、
泣けるようにつくってたんだーと。
それは、あたりまえか(^^

2人は中学から付き合ってたし。
ジイはマンションに住んでる金持ちだし。
オーストラリアに行く時なんかも、
本のほうがリアリティがあって納得。
ジイが通帳をよこすトコが感動だった。
でも、大人な朔ちゃんはあんまり出てこなかったナ。

ドラマや映画よりはよかったかなー。
なんかわざとらしくってね。ありえねーって感じになっちゃうのよ。
その点、本では朔ちゃんの気持ちもわかるぞって気分になれたし。
でも、そんなに売れる本だとは思えない。
やっぱ、柴崎コウちゃんのおかげよね(^.^)

読み終わってから、読んだらおもしろかった♪
『世界の中心で、愛をさけぶ』をゲーム化する!
「ベストセラー本ゲーム化会議」
[PR]

by blueblueclub | 2005-01-25 21:49 | book