姑獲鳥の夏

やっと見れた♪
先月末、東京に行ったとき映画館まで行ったのに、
いっぱいで見れなかったんだー。
今日は平日の朝だからってゆーのもあるし、
もう終わりだからねー、6人ぐらいで見たよ^^

んーー、微妙^^
まあ、そんな期待はしていなかったし(笑)
でも、見終わってみて、もうちょっと見てたい感じはした。
京極堂の家の雰囲気がイメージぴったりで、うれしいんだもん。
みんなでココに集まって話したりすんだよなーって。
シリーズの他の話をいろいろ思い浮かべちゃった♪
仙石楼(だっけ?)箱根の宿。あー、『鉄鼠の檻』だぁ♪と喜んでみたり。
やっぱ、シリーズ化したら見ちゃうなー。
でも、2時間は無理があるよね。
どの話も長いし。
だって、京極堂ってば早口で変なんだもん(+_+)
シリーズドラマ化でもよいんじゃないかしら^^
そうすれば、もっとゆっくりイケるんでは(笑)

あと気になったのは演出が舞台っぽい(?)
そこが微妙だったかなー。
あーっ、姑獲鳥のイメージ映像!
一番最初に関くんが見るやつ。あれはダメダメでした(ToT)/
なのに、結構出てくるし^_^;

そして、一番楽しみにしていた阿部ちゃん。
なんだ、思ってたより榎木津じゃん♪
阿部ちゃん好きとしては、もっと出番が欲しかったなー。
キャスティングでは、田中麗奈がイマイチイメージじゃなかった。
木場さんはもっと大きいような気がするし。
『魍魎の匣』(だっけ?)をやるとしたら、たくさん出るもんねぇ。
最初は永瀬は違うよ~と思ってたけど、見ているうちに慣れたし(笑)
時代設定を現代でやれば、キャストは全部イケそうな気がするけど。
京極堂の早口で事務的な感じも、現代ならありかなと^^
でも、原田知世といしだあゆみは着物似合ってたかー。

あとから思ったんだけど、
最初にこの本を読んだ時、
梗子さんと牧朗さんの悲恋が切ないって感想だったわけよ。
んで、何が言いたいかってゆーと、
恋文って結局どーなったんだっけ?
なんかさ、友達も言ってたけど、
映像だと梗子も涼子も同じだから、ごっちゃになってわけわかんなくなるよねぇ。
  頭悪いだけか?^^
本をやっぱもう一度読んでみようかなー。
[PR]

by blueblueclub | 2005-08-12 20:31 | movie