イノセンス

DISCAS レンタル

最初に説明がついてるのがいいっっ。
なにげにあれが一番おもしろかったかも^^

とりあえず、「GHOST IN THE SHELL」の方が好きかも。
全体的にCGいっぱい、おなかいっぱいって感じ(+_+)
なんか、ゲームの途中によくあるムービーかと思っちゃう^^
キムさんちのループしちゃうとことかも、ゲームチック。
何かのお祭り(?)のシーンも長いし。
CGがすごいのはわかったから許してっっみたいな(笑)
曲は前回にも増してすごいし、
メイキングを見たらまた印象が変わってしまうかもですが(^^ゞ
やっぱり、映像的なものは「スチームボーイ」の方がすごいな。
これは好みの問題なんだろーけど、CGを感じさせないデジタルさ加減が、
アニメのよさを残しつつ技術的にはすっごい進化してるって感じ。
だけど、CGがすごくて思ったのが車。
みんな車がベカベカトロトロなんですよぉ(>_<)
あの映り込みはスゴイ。
形はやけにクラシックなのに、
未来の車はこんなスーパー塗装になってるのかと思うとワクワクです♪
って、そーゆーつもりで描いてるわけじゃないのかな^^;

バトーが犬と暮らしている。
バトーってさ、ほとんど義体化してるわけじゃん。
でも、あんなに犬もなつくんですね。
義体ってすごいんだなーと感心しながら見てしまった^^;
あの犬もそんなプログラムされてんのかしら、とか思ってみたり。
トグサがクローンだって言ってたけどね。
オリジナルは高価なんだそうですもん。

そんな時代にも、あんな安っぽいヤクザがいるんだぁとか、
なんかね、ストーリーよりもそんなことばっか思いながら見ちゃったなー。

だって今回、セリフが引用だらけでわけわからんもん(+_+)
私も外部記憶装置が欲しいよぉ。
そうすれば、みんなが言ってる引用も容易く理解できるんじゃないのかしら。
トグサの検索をバトーが皮肉ったりして、
やっぱり、人によって偏った検索になんのかなー。
ちょっと、楽しそう^^
「人形」で私が検索(笑)してヒットしたのは、森博嗣の『人形式モナリザ』
保呂草さんが「人形」をキーワードのひとつに上げてた。
人形を形容する場合、「人のような人形」では馴染まない。
それは、「人のよう」であることが当然の機能だから。
ごく自然な表現として、「生きているみたいな人形」となる。
人は生きている他人を見て「生」を感じる機会は少ない。
それなのに、人形にはそれを見る。

押井果汁100%『イノセンス』徹底解剖!  Exciteニュースな本棚
[PR]

by blueblueclub | 2005-09-03 10:27 | movie