ラルク 15th L'Anniversary Live

15th L'Anniversary Live / 東京ドーム1日目

まず、最初に、悲しいお知らせです。
最後まで見ることがかないませんでした(ToT)/
新幹線の最終にのるために、泣く泣く会場をあとにしました。
つーか、タクシーまでダッシュして死にそうでした(+_+)
なぜ、泊まりにしなかったのか悔やんでも悔やみきれません。
てか、新幹線のチケットを無駄にしてでも、最後まで見るべきでした。
なにげに、良い席だったから尚更デス。
しかも、新曲歌ったらしいじゃないですか!!!

まあ、いつまでグダグダ言っていても仕方ありませんけど。
WOWOWでやるそうなんで、それでガマンします。
とはいうものの、WOWOWの枠は2時間なんですよ。
ライブは3時間以上やっていたわけですからねー。
見たいところがカットされなければよいけれど……。

いつものように、ドームホテルのスカイラウンジで時間まで過ごします。
下を見ると人がうじゃうじゃと。
グッズの列も一向に減る気配がありません。
(ぴんぼけでわかりませんねぇ)
b0004697_14523598.jpg
17時半頃にお店を出てグッズを買いに。
この頃にはもう長い列もなくなり、余裕でお買い物ができました。
でも、パンフレットは売り切れみたいです。
ここからが、長かった。
やっぱり、5万人入れるのには時間がかかりますねー。
つーか、入口のカメラチェックなんてヤメればよいのに。
今どき、カメラやボイスレコーダーなんて超ちっちゃいんだから、
バッグをサラッと見ただけで、わかろうはずがありません(+_+)
あれをやめただけで、時間と人件費の節約になるだろうなぁ…。
席に着いたのは、18:15分頃でしょうか。
Dブロックの一番前です(^^)v
中央よりは少しテッちゃん寄り。
しかも、Dブロックの前には大きな通路があり、
ブロックの右側も大きな通路。
とっても視界が開けています。
ドームのアリーナってだけで嬉しいのに、なんだかちょっと良い席です(^^)v

ステージセットは相変わらずステキ☆
15周年だからですね。
今までのアルバム(ライブ)のモチーフがたくさん飾られています。
『REAL』のガーゴイル、『SMILE』のボックス、『ハートに火をつけて』の猫風船、
『ark』の飛行船それらをシルバーの大きなリボンでくくっています。
どれも、石像のように灰色です。
そして、中央には大スクリーン、左右に小スクリーンって感じでしょうか。
そのスクリーンには「PAN L'Ar」って文字。
デザインもパンナムの水色のマークのパクリです^^
そして、CAさんがアナウンスします。
どうやら、ドーム全体がパンラル航空のタイムマシーンらしいです。
映像では東京ドームが飛び立っていきます。
さすが、ラルク。お金かかってますw
時間を旅して着いた先は1994年。
オープニングはthe Fourth Avenue Cafeでした。
やっぱり、リクエストでも1位だったみたいなので納得です。
そうそう、歌は聞こえど姿が見えぬって思っていたら、
後方にあるステージに登場してました。
なので、後を向いての観賞になったわけですが、
後を向くとみんなもう泣いてました。
やっぱり、最初の頃からのファンには想い入れの強い曲なんでしょう。
そして2曲目にCaress of Venus
なんか、ここは予想してたんでちょっとウケました。
やっぱキターみたいなw
HYDEはファー付のロングコートを着てました。
いつも言うようですが、暑くないんですかね(+_+)
前田さんがあれを着て歌ったら、1曲目でダウンですね、きっと(笑)
テッちゃんは髪が伸びたっぽい。エクステも付けててかわいかったデス♪
ご機嫌にクルクル回るテッちゃんを見れて嬉しいです(*^_^*)

HYDEのMCでは、今日は15周年のお礼にラルクがみんなにご奉仕します、
ご主人さまってなことを言ってましたねー。
それと、リクエスト投票の結果はかなりマニアックだっって^^
私はWhite Feathersをリクエストしたんですけど、
あんまり期待してなかったんですよ。
そうしたら、HYDEがWhite Feathersってーーー。
いやー、感動しました(ToT)/
サビでは銀テープが飛びました。
やっぱり、HYDEの低音はステキです。そして、高音とのギャップがまたステキ。
この時は、これで終わりでもいいやって思いました^^
いやいや、まだ始まったばっかりだから。

次は1999年に到着した模様。
『1999 GRAND CROSS TOUR』の映像が流れます。
このライブに行ってからラルクにハマったので、思いもひとしおです。
やっぱり、エラーになってユッキーがギターで登場して欲しいなぁ、
って思っていたら、登場してくれましたよ!!!
もちろんtrickです。
そして、みんなで順にボーカルを担当です♪
1つのマイクでテッちゃんとHYDEが歌います。
チュウしちゃいそうなぐらいで、テッちゃんがやけに嬉しそうデスw
このツーショットに萌えない人はいないでしょう。
STAY AWAYでは、ラルクがダンス?!ってゆーPVを思い出しますが、
そのダンスを踊っているダンサーの方が地味ーにステージ左右に1人ずつ。
最後はちょっと増えたんですけど、そのダンサーに釘付けになってしまいました。
しかし、ラルクはPVといい、CMといい、いろんなコトやってますよね。
時間旅行中は懐かしい映像がたくさん流れます。

やっぱりPiecesは名曲ですね。PVもとってもよいしね。
なんか、流行すぎちゃって、一時期はもういいやって思ってたんですけど、
生で聴けてホントよかったなぁ。
でも、意外に歓声がが少なかったような気が…。

ラルクメドレーがありました。
finaleがよかったぁ。
あれって、確か『RESET >>LIVE*000』のオープニングだったんですよ。
それを思い出して浸りました。
浸っているのに、最後は貞子が出てくるんですよ(+_+)
HYDEの背後に…。こんなおちゃめっぷりもラルクならでは。
anemoneも歌ってましたね。
LOVE FLIES花葬もあったので嬉しいです。
んで、Shout at the Devilで終わり。
ここで、ユッキーががんばります。いつもながらスゴイ人です。

アンコールは後方ステージなんですけど、
虹のPVの馬がみんなの乗った馬車を引いてるんですよw
時代は1991年なんですけど、もうこの辺は時間が気になりだしていて。
新幹線の最終は21時半。
ラルクがこんなにたくさん歌ってくれるとは思ってなかったんですよねー(+_+)
そんな私もヒドイですが、18時に始まって、いくら遅くても21時にはって。
今日はユッキーのバースデーを内緒で祝う企画があるってことだったのに、
それさえまだ。
でも、虹は絶対最後に取ってあるよなー、聴きたいなーって。
ユッキーにバースデーソングを歌って、もしすぐに虹を歌ったとしても、
会場から脱出するには相当な時間がかかるだろうし……。
やっぱりココで決断すべきだったなぁ。帰らないって。
でも、曲が切れた時に脱出しないと、無理そうだったので、
せっかく、ユッキーが出てきてMCをしてくれているのに、
それを背にアリーナを出てスタンドの階段をダッシュしました。
最後に一番上で振り返ったら、ステージがこーんなに小さくて、
私ったらあんなに前で見てたんだぁ、と改めて実感。
でも、とにかくダッシュしなくちゃって。
タクシーに乗ってから、やっぱ最後まであそこで見なきゃもったいなかったなぁと。
タクシーに乗ったのが、21:12分ぐらいかなぁ。
運転手さんのがんばりもあり、余裕で最終に乗れました。
後悔しながらビールを飲み、6日ぶりに帰宅。
今年のライブも終わりました。

なんだか、今回はバラードばかりが印象に残りました。
いつもは、そんなにバラード好きじゃないのに。
ドームみたいに大きな会場では、バラードがいい感じなんですよね。
[PR]

by blueblueclub | 2006-11-25 23:40 | music