コラテラル

WOWOW

まず冒頭に、見たばっかりの『トランスポーター』の
フランク(ジェイスン・ステイサム)がぁ!!
後で出てくるのかと思ったら、それで終わりだった。
ってか、見たばかりじゃなかったら、こんなに嬉しくないし、気づかない(^^ゞ

なんの前知識なく鑑賞。
だから、しばらくヴィンセントが殺し屋だってわからなかったし(^_^;)←まぬけ
途中のセリフでコラテラル=巻き添えってこともわかる^^
まさに、普通のタクシー運転手が巻き添えをくった話。
アクションものかと思ったら、深い人間ドラマって感じ?!
もちろん、銃撃戦はカッコよかったし、
バックを盗んだ二人を躊躇無く殺すところなんかもドキドキしたんだけど、
タクシー内の2人の会話がメインと言ってもいいような。
ヴィンセントの死に対するイメージや、
夢を語るマックスに対して、じゃあ、お前は何かしているのか?っていう感じ。
ヴィンセントの過去はどんなだったんだろう、ってとても気になった。
「地下鉄で死んでる人がいても6時間も気づかれない」
そんな街に何か思いがあったのかなぁ、と。
そして、最後はorz
ヴィンセントの孤独感が伝わって、とっても切なくなった。
大都会ロスの夜のキラキラ感が残っているうちだから余計に。

それにしても、夜の都会はキレイです。
高層ビルがたくさんあって、道路がいっぱい交差して、
車のライトが線をを描く、みたいな。
とっても、余韻の残る映画でしたー。
[PR]

by blueblueclub | 2007-03-13 12:47 | movie