タイヨウのうた

wowow

ずっと見ようと思っていたのに、なかなか見れず。
やっと見ました。

でも、先にドラマ見ちゃって、ぜんぜんおもしろくなかったから、
というか、すぐにリタイアしたのだけど、
あんまり期待しなかったわけ。
それが良かったのか、なかなかよかった♪
2時間あったとは思えない、シンプルさ。
難病ものなのに、ウジウジ感がなく、
泣かせる映画かと思いきや、前向きで元気になれる感じ。
YUIの『Good bye days』も、
雨音薫を感じてから聴くと、じ~んとくるし。
確かに、演技は微妙なところもあったけど、
歌っているシーンは、どれも本物!!っていう貫録でした(^_-)
塚本くんは大好きだし、孝治役にもぴったりだとは思うのだけど、
やっぱり制服姿はちょっとキツイかなぁ(・・;)
でも、初めて雨音家に招かれて、薫に了解の返事をもらった時の、
小さい「やったー」は嬉しくてウルっときたナ。
この、小さくってのがなんともよかったのよね。
防御服(?)はもう着たくないって言っていたのに、
それを着て孝治のサーフィンを見に行く薫。
「死ぬまで生きたいの」って(;O;)
そして、最後のラジオから~のシーンは、やっぱり泣けます(/_;)
でも、悲しい涙ではなく、嬉しい涙だから、なんだか爽やか♪

それにしても、いっぱいのひまわりに囲まれた薫。
かわいかったナ。
最期にして、太陽をいっぱい浴びれたって感じ?
私も若ければ、あんないっぱいのひまわりに囲まれて逝きたいなぁ(笑)
[PR]

by blueblueclub | 2008-02-26 17:44 | movie