カメレオン

藤原竜也好きな私は、気になっておりまして、
サービスデイもかさなり、さっそく鑑賞してきました♪

いやー、カッコよかった。
時間も短いので、テンポもよく、ストーリーもわかりやすかったし。

オープニング、色が変わるカメレオンの絵とともにキャストの文字が。
このカメレオンがかわいいんですよ!!
そして、最後にこのカメレオンのバッチが、
藤原竜也の胸に光っているわけです。
エンドロールを見ながら、あのバッチ買って帰ろう♪♪
なんて、わくわくしていたんだけど、そんなグッズ売ってなかったデス(;O;)
えーー、なんで商品になってないんですかね??
あんなにかわいいのに!

松田優作のために書かれた脚本(?)だそうで、
なんとなく昔っぽい雰囲気。
恭平さんの『チ・ン・ピ・ラ』思い出しちゃったな、私は。(古っ)
詐欺師な設定も楽しかったけど、
アクションシーンがとにかく素敵。
あの細い身体だからこそ、あの軽い身のこなしが似合う♪
天井から落ちてきたり、飛びついたり。
階段からすべり落ちるトコもカッコよかったっけ(^.^)
でも、後半の復讐に向かう時のアクションシーンは、
これまた違う雰囲気で、切ないのよねー。
だけど、最後、スーツを着て乗りこんで来たときは、
やった♪って気分になれてよかった(^_-)
でも、あの腕には衝撃。
復讐していたときは、あの腕だったってことなんでしょうか??
あー、もう一度じっくり見たいです。

そうそう、カーアクションも結構良かった!
でも、車がボロかったのが残念だなぁ。
Zのパトカーとかだったら、カッコよかったのに。
敵の車も、もっと早そうなやつにしてさ。
それだと雰囲気合わなくなっちゃうんですかね^^;


バッチを買おうと思いながら見ていたエンドロール。
途中出てくるシーンの繰り返しなわけですが、
そのシーン、好きだったので嬉しかったナ。もじゃもじゃっと♪
カメレオンって感じ(^_-)
[PR]

by blueblueclub | 2008-07-23 09:23 | movie