ウォンテッド

サービスデイだったので、20世紀少年のあとに鑑賞。
これは公開日だったから、一番大きなスクリーン♪
ここのTHXの部屋には初めて入った。
シネコンて公開してすぐに見に来ないと、
どんどん小さいスクリーンになっちゃうからナ。
やっぱり、大きいのは迫力が違うわ~♪
音響もぜんぜん違う(^^♪
ここで「ウォンテッド」は正解かも。

とにかく、アンジェリーナ・ジョリーがカッコよかった(^.^)
顔をそむけたくなるようなシーンも結構あったけど、
カーアクションや銃撃戦なんかは、もう釘付けだったし、
ストーリー的にも、謎があり最後まで楽しめた♪

ネタばれになっちゃうけど、相方に言わせれば、
モーガン・フリーマンがイイ人なわけないじゃん、と(笑)
最後のアンジーの行動にはしびれました。
潔いというか、サムライ魂を感じます(^_-)
主人公とラブラブになるとかいう落ちじゃなくて、ホントよかった^^

でも、20世紀少年のときと違って、
エンドロールではみんなどんどん席を立つわけ^^;
というか、エンディングの曲は始まったけど、字幕はまだ出てるじゃん!
なのに、人の前を横切るってどういうこと?!って(-_-メ)
まったくヒドイわー。
[PR]

by blueblueclub | 2008-09-22 08:25 | movie