カテゴリ:book( 144 )

「十二国記」新作 『丕緒(ひしょ)の鳥』

ついにやってきましたね、この日が!
いったいどれだけ待ちわびたことか。
13年7月に「華胥の幽夢」が出たそうなので、じつに6年半ぶり。
あれから、もうそんなに経っていたんだ。
そのあとも、繰り返し読んだからかな、アニメも何回も見たし。
ずっと待っていたけれど、近くにはいた、みたいな^^

やっぱりこれだけ期間が開いても、ファンはたくさんいるのですね。
アマゾンではランキング1位でした♪
発行部数も、通常よりは2万部増やしたらしいです。
それでも、7万8千部らしいので、少ないんじゃないかな?
なんて思ってしまうのですが、どうなのでしょう。
アマゾンでは、もう買えませんでした。
文庫は700万部売ってるらしいですからね。

ということで、私は朝から本屋へ行ってきました。
小野不由美 新作!のポスターとともに、平積みされていました♪
ドキドキと購入し、家に帰るのも待ち遠しくなり、
すぐ近くのお店でモーニングSETをたのみ、
さっそく読んできちゃいました(笑)
b0004697_15103939.jpg

以下、ネタばれあり。


発売を知ってから、読み返そうかななんて思っていたものの、
ぜんぜん読むヒマがなく、久々の十二国記ワールドに緊張。
噂通り、慶国のお話で、丕緒(ひしょ)というのは、主人公の名前でした。
祝い事などの儀式に使う、陶鵲を作る仕事をしていて、
悧王のころから官吏を務めているらしい。
そして、そのあと無能な女王が続いて、
今度、登極する王も女王だと聞かされちゃうわけです^^;
まあ、ここでシリーズを読んでいる人は、あー、陽子だわ~♪って。

その陶鵲というのが、鳥の形をした陶製品(?)で、
それを弓で射るお祭りというか儀式があるのです。
なんとなく、花火のようなイメージでしょうか。
弓で射ると、弾けて音がしたり、香りがしたり。
ラストのシーンは、本当に美しかったです。
お店だったので、涙はこらえました;;

引き籠りだった丕緒は、新王登極で、久しぶりに陶鵲を作るんです。
最後はそれを新王に披露することができるわけですが、
陽子だってことは、ぜんぜん書かれていなかったですね。
新王としての登場です。
でも、アニメも見ているから、顔も浮かんでしまうし、
声も聞こえてしまう(笑)

これを、読んでから『月の影 影の海』を読むのって、
なかなか良いかもしれません。
新しい読者も増えちゃうのかなぁ。

久しぶりに十二国記ワールドに浸れて、嬉しかったのですが、
やっぱり短いなぁ(:_;)
もっと読んでいたかった。
思えば、気になる戴国の話題や泰麒の安否は欠片もなかったし。
これを機に、どんどん発表してもらいたいものです。


yom yom 新潮社

yahoo!関連ニュース
msn関連ニュース
[PR]

by blueblueclub | 2008-02-27 15:55 | book

十二国記 新作!

小野不由美「十二国記」新作 『丕緒(ひしょ)の鳥』 だそうです!
yomyomという雑誌に掲載、2/27発売です。
さっそく、予約しにいっちゃおうかな。

題名の感じからは、図南の翼ちっくですが、どうなんでしょう。
丕 大きな 
緒 物事の初め
ってな意味らしいです。

それと、講談社ではなく、新潮社ってところもポイントでしょうか。
『魔性の子』つながりかもしれませんね。

あー、妄想が大きくなるばかりです。

発売までに読み返しておくべきかしらね、やっぱり。

yom yom 新潮社
[PR]

by blueblueclub | 2008-02-15 13:27 | book

コミックいろいろ

あー、なんか書きたいことはたくさんあるのに、
なかなかゆっくり書けず007.gif←なんかこんなものが使えるようになった、今更。
とりあえず、忘れないうちに書きたいことだけ、書き出しておくわ~。
年末は忘年会もあるし、いつになったらできるかわからないけど、
そのうちゆっくり書き足していくさ001.gif


んで、コミックいろいろ。

鋼の錬金術師 ~18
太陽の黙示録 ~16
ジパング ~32
この3つはずっと買っているもの。
ジパングったら、出るの早いのよ^^;

そして、藤田和日郎ものを2冊。
スプリンガルド、なんだかバンプを思わせる響き(笑)
装丁もステキです。
バネ男ジャックの切ないお話(;_;)
あー、ウォルターぁぁ。
黒博物館・館報が途中に入ってくるところもナイス。

月輪(がちりん)って響きだけでわくわくします(笑)
藤田ものは「うしおととら」以来なんですけど、両方楽しめました。
そのうち『からくりサーカス』も読まなきゃな。

黒博物館スプリンガルド (モーニングKC)
藤田 和日郎 / / 講談社
ISBN : 4063726304



邪眼は月輪に飛ぶ
藤田 和日郎 / / 小学館
ISBN : 409181197
[PR]

by blueblueclub | 2007-12-26 16:32 | book

PLUTO 5巻

PLUTO 5―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (5) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 / / 小学館
ISBN : 4091815561
[PR]

by blueblueclub | 2007-12-25 16:17 | book

キラレ×キラレ

キラレ×キラレ (講談社ノベルス (モF-39))
森 博嗣

んー、やっぱりそんなオチなんですね。
電車の中で、女性が出てきたときには、
すぐに、あー、あの人かぁ、と思ってしまいました。
相変わらず、ミステリィな部分は、
もうどうでもいいって感じの仕上がりです(・・;)

真鍋くんと小川さんのトークは相変わらず楽しかったですけど、
小川さんの椙田さんに対する態度がイマイチ楽しくないです(+_+)
やっぱり加部谷と海月くんのほうがいいなー。

このシリーズも10巻まで出るのでしょうか?
なんだか不安です(笑)
[PR]

by blueblueclub | 2007-11-26 16:48 | book

21世紀少年 下

21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 / / 小学館

ついに終わってしまいました。
最後のまとめ、って感じの1冊でした。
けど、友達の正体は、もったいぶった割には、あんまりな。
ってゆーか、誰だっけ??ぐらいな。
思えば8年も連載していたんですね。
長過ぎたんですかねー。
やっぱり、18巻でまとめてくれればよかったのに(笑)

とりあえず、先を急いで読んだので、もう一度じっくり読みます。


そろそろ、PLUTOも出るね♪
[PR]

by blueblueclub | 2007-10-03 22:12 | book

塗仏の宴 宴の始末

いったいどんだけかかったのでしょう。
この本て、去年の年末から読み始めたんですよ。
最近、寝る前に読書をしなくなったおかげで、
ぜんぜん読み進まず。
久しぶりに開くとわけがわからず。
戻って読んだりするから、やっぱり進まず(^_^;)
しかも、登場人物というか、事件の舞台というか、
たくさんありすぎなのよねー。
誰がどの関係者だっけ??ってすぐにわからなくなっちゃう。
一気に読めば、もっとおもしろかったんでしょうね。

ただ、関口くんがかわいそうです(T_T)
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-16 11:25 | book

イナイ×イナイ/森博嗣

まだ、Gシリーズも途中なはずなのに、
新たらしいXシリーズです。

相変わらず、ミステリとしては消化不良な感じです。
だいたいなんで、千鶴さんはあんな依頼をしたの?
だいたい、あの原始人(笑)は何者?
最後の死体は?
んー、私の頭が悪いんでしょうか?

が、登場人物の会話は、いつもながら楽しめます。
真鍋くんのひょうひょうとした感じ好きです♪
そこに元秘書の小川さんが絡んでいい味がでてます。
そして、鷹知さんが加わるとまたナイス。

椙田さんてどっかで登場してたような気がするんですけど…。
どの話でしたっけ?
探偵で美術鑑定をやっているってことは、きっとあの方ですよね?
そして、最後に登場する萌絵。
やっぱり、繋がっているんですねー。
時系列的にはGシリーズのちょい後ぐらい?

ミステリとしてよりも、こっちで楽しむのが正解ですかね。


イナイ×イナイ
森 博嗣 / / 講談社
ISBN : 4061825313
[PR]

by blueblueclub | 2007-05-23 11:03 | book

ηなのに夢のよう




ηなのに夢のよう
森 博嗣 / / 講談社



いやー、もうどうなんですか?これって。
今回はのっけから海月くんが出てきて、うきうきだったんですよ!!
ところが、そんな気分もつかのまですよ。
やっぱり、四季と萌絵がメインなんですね(ToT)
首吊り自殺なんて、どーでもいいってことですよ。
つーか、とりあえずの謎でもすっきりしてもらいたいです。
相変わらず、嬉しい登場人物もありありでサービス感はありますが、
ずっとこんな感じなんでしょうかねー、Gシリーズ。
やっぱ、Qシリーズだったらよかったのに(笑)

話が大きくなってきたんで、取り残されないようにと思い、
そういえば、『迷宮百年の睡魔』を買ったまま読んでないことを思い出す。
さっそく、読みますとも。

んで、次回作は『イナイ×イナイ』だって。
新シリーズらしいです。
[PR]

by blueblueclub | 2007-01-25 21:49 | book

PLUTO

やっと読みました、4巻。
もちろん1巻から読みかえしました。

原作を読んだことがないので、あの展開には驚きました。
しかも意外とあっさり死亡(+_+)
これからどうなるんでしょう?
原作がすっごく読みたいんですけど、終わるまで我慢します。

いつもながらの感動するエピソード。
今巻ではのっけからやられます(ToT)/
お茶の水博士が、古いペット型ロボットを拾って直す話。
アイボみたいなんですよ、犬型ロボット。
でも、それは超旧式(笑)部品とかもうないんです(ToT)
新しいタイプのペットロボットは、本物みたいな毛並みでした(^_^;)

これも原作にあるエピソードなんでしょうか?
それとも、浦沢オリジナル?
そういえば、また泣いちゃいましたよ、ノース2号。

そうそう!!アトムが飛んでました!
手塚アトムのように、足からジェット噴射して空を飛んでました。
なんか、普通にパーカーを着てる普通の少年の格好なだけに、
笑えました(*^^*)
そのあと、プルートウと戦うわけですが、
泰麒(十二国記)が饕餮(とうてつ)と戦うシーンのようでした。

1巻の最後にアトムが登場→2巻の表紙がアトム
2巻の最後にウランが登場→3巻の表紙がウラン
そして3巻の最後にプルートウが登場
なので、4巻の表紙はプルートウ??って思ってたのに、
知らないおじさんでした(笑)
4巻の最後に登場したテンマ博士でした。
MONSTERのテンマをイメージして、ちょっとうれしかったり。
ぜんぜん違うけど(^_^;)

あー、また1年近く我慢しなくちゃならないんですね。

 

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹 / / 小学館
ISBN : 4091810063
[PR]

by blueblueclub | 2007-01-10 23:09 | book