<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

TUBE 夏燦舞

TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2007 夏燦舞
横浜スタジアム

座席はカッくん側スタンド、前が通路の2人席。
なかなか良かったけど、ゲートのすぐ横だったので、
人通りが気になった。
酔っ払いとかいたしねー(+_+)

まずは『湘南盆踊り』で太鼓とかダンサーとかが出てくる。
去年も最初はめざまし体操だったなぁ。

そして、Hot Nightでメンバー登場♪
なんか、94年の安比のライブを思い出しますねー。
今回はジェットスキーじゃないけど(^^ゞ
ステージには大きな飛び込み台が。
プールや水しぶきをイメージしたセット。
予想通り、そこからバンジージャンプをする前ちゃん。
相変わらずがんばりますね(^_-)
Hot Nightは、えーまたぁ?と思わせる曲だけど、
1曲目に来るのは、なかなか良いです。
前半はこれに続き、シングルを数曲。

そして、新曲!!
OLD BASEBALL MANは、まあ普通に良かったけど、
海洋冒険家の白石康次郎さんの応援歌として、
めざましテレビではちょっぴりかかってたのかな?
ホタル、これがものすごく良いです。
ライブ前になんで発売しなかったんだろうと。
この曲を作るにあたってのMCもよかった。
スクリーンには歌詞がところどころ出てくるのですけど、
なかなかどうして、ジ~ンとさせてくれましたよ。
早く発売して欲しいなぁ。

それに続いて、風に揺れるTomorrowがくるのもよいよい。
空の暗さもいい感じで、雰囲気ばっちり。
この曲は野外で聴くと気持ちよいですね♪

十年先のラブストーリーで水がど~んと出て、
そのあとは、春ソロかしら♪と思ったら、リンダさんのコーナーでしたね。
でも、ホーンセクションのみんなや、
カッくんと春が絡んだりの演奏はカッコよかった。

涙を虹にYou'll be the Championで盛り上がってー、
びっくりしたのがアンコールのジェット風船。
風船を上げるタイミングを言うからと、TUBEのメンバーが出てきた(*_*)
横浜スタジアムは風船禁止なんですよねー。
なのに、毎年風船人口が増えていて。
しかも、去年はバラードでピーピー飛ばして最悪だったんだよね。
だからかも知れません。
やるなら、タイミングを言うから、そこで飛ばしてくれと。
でも、それをわからない人は、来年も持ってきちゃうんでしょうねー(T_T)
だって、2回目のアンコール、プロポーズで飛ばしてたし。
来年はダメだよって、はっきり言ってくれたらいいのに。

そう!このプロポーズがとっても良かったのだ!!
前ちゃんと春が左右から出てきて、ギター1本と前ちゃんの声。
これぞ、ライブの醍醐味ってもんですね(^_-)
やっぱり、こういう曲が前ちゃんには似合うんですねー(しみじみ…)
サビでは、もう一度大噴水が上がるんじゃないかと思うほど、
ためてがんばってました(^^ゞ

あー、なのに、なんでラストの曲があー夏休みなのでしょう(>_<)
だって、去年と一緒じゃん!!
どうせ一緒ならa song for loveとかにして欲しいです。
だって、あの曲はこれからずっと歌って行きたいっていってたのにー。
あれっきりじゃないですか!!


今年はアルバムが出ないでの野外ライブ。
どんな曲をやってくれるのか、セットリストが楽しみだったのだけど、
終わってみれば、最近のパターンね、って感じ。
せっかく、アルバムに縛られずに、選曲できるのだから、
もっと、おおっっと思わせる選曲をして欲しかったなぁ。

今年は夏の野外が終わったのに、
TUBEのアルバム発売という楽しみがこれからってゆー、
なんとも不思議な感じですー。

そして、冬にもライブがありそうな発言があったので、ちょっと楽しみ。
ってゆーか、またラルクとかぶるよね。
まあ、日程が重なってくれれば、遠征をする身にはありがたいですけれど。
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-25 23:11 | music

シュヴァリエ

『シュヴァリエ』WOWOW

ずっと見る暇がなく、いや暇だったんだけど、
なんとなく見る気分にならず、ずっと録りためていた。
攻殻を毎日見ていたからか、アニメをもっと見たい気分になり、
そーだ!シュヴァリエを見よう!と。
相変わらず、素敵な絵ですねー。

ロシア編の最初(6話)から見始めて見る。
リアルタイムで見ていたときは、この辺で飽きてきてたんですけど、
いやいや、一気に見たら面白かったデス。
ロシア編で盛り上がり、イギリス編でいろいろと謎が解けそうになり。
フランス編Ⅱでは、もう人はいっぱい死ぬし、謎は解けまくりだし、
毎話の急展開に追いつくのが大変(>_<)
もう、見ながら叫びっぱなし(笑)
いやー、録りためてから一気に見て正解だったかも♪

最初は感情移入できずに見ていた四銃士たちも、
だんだん好きになってきて、だから余計に楽しめたのだと思うけど。
ロビンがイイやつだわーw
そして、そのロビンの最後の展開もびっくりだったなぁ。

もちろん、マクシミリアンは最後までカッコよかったです。
もう、途中は騙されてショックを受けましたけど。
そして、このマクシミリアンも実在の人なのですね。
チェックしてみたら、ベルサイユのばらにも登場していたらしいし。
ぜんぜん記憶にないけど。
なんか、この辺の時代の小説でも読んでみたいなぁ、と思いましたです。

謎は解けてしまったけれど、全部わかった今、
もう一度1話から見てみれば、
地味なフランス編も、実は見所が満載なのではーなんて。
時間があればもう一度見ちゃおう♪

とにかく、絵といいストーリーといい素敵なアニメでした。



攻殻もシュヴァリエもレベルが高い。
『十二国記』もこんな質感だったら、どんなに素敵だっただろう、
なんて思ってしまうなぁ。
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-21 09:30 | anime

ダ・ヴィンチ・コード

WOWOW

ちょうどやっていたのが吹き替え版だった。
最初は、やっぱイマイチか、とも思ったけれど、
映像に集中できるし、字幕を追うのは大変そうな内容だから、よかったかな。

本を読んでいるときは、謎解きあり、アクションあり、テンポもよく、
映画のようで面白いわ~って、思ったけれど、
いざ映画になってみると、あれ?
いや、話はわかっていたから、ストーリーに置いていかれることもなく、
楽しめたことは楽しめたんだけど。
期待し過ぎちゃったのかしらん。
んー、謎解きももっと楽しかったと思うんだけどな、本の方が。
仕方ないか、時間に制約があるわけだから。

ところで、ラングドンって閉所恐怖症だったっけ?
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-17 11:19 | movie

塗仏の宴 宴の始末

いったいどんだけかかったのでしょう。
この本て、去年の年末から読み始めたんですよ。
最近、寝る前に読書をしなくなったおかげで、
ぜんぜん読み進まず。
久しぶりに開くとわけがわからず。
戻って読んだりするから、やっぱり進まず(^_^;)
しかも、登場人物というか、事件の舞台というか、
たくさんありすぎなのよねー。
誰がどの関係者だっけ??ってすぐにわからなくなっちゃう。
一気に読めば、もっとおもしろかったんでしょうね。

ただ、関口くんがかわいそうです(T_T)
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-16 11:25 | book

シムシティDS

30万人を超えて、なかなかそれ以上増えず、
しばらく放置してた(^^ゞ
再開して、税金とか下げまくって、ようやく50万人!!
メガロポリスの称号をもらいました(^^)v

そして、楽しみにしていたロケット打ち上げ。
マイクに向かって市長自らカウントダウンをするのだけど、
難しいのーー(>_<)
何回やってもミスなんですけど……(T_T)

b0004697_1535166.jpg

[PR]

by blueblueclub | 2007-08-15 15:35 | game

スチュアート・リトル

WOWOWでは、夏休みだから、吹き替え特集がたくさん。
藤原竜也見たさ(聞きたさ)で、1~3まで見てみた。

いや~、よかったぁ。
リトル家、最高!乾杯!!

スチュアートのCGがスゴイなぁ。
とってもかわいかった!!
藤原竜也の声もぴったり(*^_^*)
そして、猫のスノーベル!!
これは、本物とCGと両方なのかしらん。
猫が演技?ってだけでも、感動(T_T)
ぜひ、メイキングを見てみたい。
声はホンジャマカの恵くん。
最初は違和感あったけど、3を見る頃にはすっかりスノーベル。
そして、友達猫のモンティの声が石塚さんなのが、またよいのだ。
でも何故か、2だけは石塚さんじゃなかった(+_+)

ストーリーは普通に笑いあり涙あり、ファミリーな内容だけど、
それよりも!
ネズミが普通っていう世界がおもしろくて好きw
だって、猫のスノーベルは人間としゃべれないのに、
ネズミはしゃべれるし、養子になってもおかしくない世界。
んー、なんとも不思議な感覚(笑)

でもねー、3が普通のアニメになってたのがびっくり(*_*)
しかも、歌とか入ってディズニーちっく。
あの、なでなでしたくなる、スチュアートの質感がないのが残念。
だけど、普通にアニメだとね、動物たちがしゃべっていても、ぜんぜん違和感ないのよ。
実写で猫たちがしゃべってると、どうしても何か変なんだけど。
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-07 18:22 | movie

攻殻機動隊 CD-BOX



攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX CD-BOX
菅野よう子



CDもBOXで発売しちゃうらしいです。
6枚組みなんですけど、そのうち5枚は既発売しているらしく、
それらを持っている人には、はぁ?と言った感じなのでしょうか。
だって、未発売の1枚は、単品発売されないらしいですから。
でも、そのうち、単品も発売されるんじゃないですかねー。

私は1枚しか持っていないので、ちょっと欲しいです。

というのも、タチコマカラーのフラッシュメモリというおまけが欲しいから。
あー、こういう軽い人たちをカモに儲けようとしているのねー(笑)
でもでも、そのメモリの中には、
生前の記憶の断片が残っているらしいんですもの!!

タチコマカラーのってことは、ただの青いフラッシュメモリなんですかね?
タチコマの形とか(それは無理か)してないのかなぁ、ねえねぇ。
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-07 17:50 | music

攻殻機動隊DVD-BOX


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX DVD-BOX

ついに買っちゃいましたよ。
TUBEのBOXよりラルクのBOXより高価です。
まあ、7枚も入ってますけどね。
今6枚まで見ました。

世の中に不満があるなら自分を変えろ!!
それが嫌なら耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ!

相変わらず、少佐ったらステキです。
でも、OPの少佐はちょっと怖い(>_<)
だって、あの最後に見える歯、多過ぎでしょ?!


1話から通して見るのは2度目。
その後、Laughing Man は何度も見たし、CDも何度も聴いた。
なので、最初に見たときよりも、曲がねー、
すごく頭に入ってくるんですよ。
ちょっと楽しいです♪

やっぱり、2話目『暴走の証明』が印象深いなぁ。
1話目では、この世界観をだーっと見せて、つかみはOKみたいな。
電脳や義体、タチコマや光学迷彩や銃撃戦、
おおっ、近未来ってこんな感じなんーー♪ と。
そんな1話目の次にこの『暴走の証明』ってとこがまた憎いんですよねー。
どんな気持ちで暴走していたんでしょうねー。
もう、ホント切ないです。
あとで、もう一回見ちゃお。

あとは、タチコマの話とかは全部好きです。
課長のワインの話も好きだし、やっぱり、全部好き。
そうそう、今まで気づかなかったのだけど、金持ちのおじいちゃん、横瀬兼元。
よこせ、カネもっと なんですねー。
なんか、今更ウケちゃいましたよ。

『ライ麦畑でつかまえて』
これを見てから、本を買ったのだけど、未だ途中(T_T)
どうも、翻訳になじめなくって、ぜんぜん進まないの。
もう一度、チャレンジしてみようかなぁ。

さっ、感動のクライマックス見なくちゃ。
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-07 11:35 | anime