タグ:コミック ( 49 ) タグの人気記事

ヒカルの碁 日本VSイタリア

以前イタリア版コミック『HIKARU NO GO』を
お土産に買ってきてもらったんです。
その後、『ヒカルの碁』を読んだので(もちろん日本語で)比べてみた。

もちろんイタリア語で書いてあるんだけど、
擬音も全部ちゃんとイタリア語です。
国によってはそのままの所もあるらしいんで。
「ど~ん!」とか「ガガガガッ」とか。

まず、碁を置く「パチッ」って音。
これが「TLACK」なんですよね。
「トラック」って読むんかな?
普通にカタカナで書いちゃうと、ぜんぜん違う音だよね(^^ゞ
当然、碁を打つシーンはたくさんあるわけで、
そこらじゅうに「TLACK TLACK」と描かれていますw
他には
「カタッ」→「TLICK」
「カチッ」→「CLICK」
「コト」→「TOK」
「ガシャガシャ」「ジャラジャラ」→「FRUSH」
雨の「ザアアァァ」は「SHAAA」だった。

セリフのフォント、日本ではいろいろ使い分けているんですよね。
心の中で思っているコトとか、びっくりしたときの言葉とか。
イタリア版では全部同じフォントでした。
でも、佐為のセリフだけはちゃんと違うフォントでした(^^)v
ウケたのが、ヒカルが佐為のコトを塔矢に聞かれてとぼけた時、
後にとぼけたサイがいるんですよね(笑)
そこには下に注意書きが書いてありました。
イタリア語はわかんないけど、
きっと、サイは日本語でサイって言うんだとか書いてあるんですね^^

んで、名前の呼び方なんですけど、
みんな呼捨てだったなー、たぶん。
「三谷くん♪」とか「筒井さん!」とかが「MITANI♪」「TSUTSUI!」
筒井さんは先輩なのにね(^^ゞ
さすがに、先生はMAESTROってついてましたけど。
あっ、名人はMEIJINでしたね。「MEIJIN TOYA」って。
んで、「キミ?」とか「おまえ!」とか日本語だとやっぱり違うニュアンスですよねぇ?
でも、イタリア語では一緒でした。「TU?」「TU!」です(^_^;)
そして、加賀くんが不思議でねー。
なぜか、加賀くんだけ「TETSUO」なんですよ。
最初、先輩は名前で呼ぶのが普通なのかな?(ジャニーズかよって^^)
とか思ったりしたんだけど、
筒井くんも苗字で呼ばれてるし、なんでかなーと。
そうしたら、イタリア語で「KAGA」はぜんぜん違う意味があるそうです。
だからなんですねー、きっと。
納得しました(^^)v
[PR]

by blueblueclub | 2006-07-20 18:40 | book

DEATH NOTE 12巻

DEATH NOTE 12
大場 つぐみ 小畑 健

終わってしまいました。
さみしいなぁ。
だらだらと続くよりはぜんぜん良いんですけどね。
でも、楽しみが減りました。

いきなり、マットがあっさり殺されちゃって悲しかった(ToT)
スキだったのに。
んで、メロも以外にあっさり。
そして、ニアのLのお面にびっくり(笑)
最後はライトが哀れでかわいそうでした。
あそこまで壊れるとは思ってなかったんで。
でも、キラに救われた人もたくさんいたんだってコトですね。
あの人たちの中ではライトも神になれたわけですから、
ライトも成仏できますね(笑)

先が気になりダッシュで読んだんで、
もう一回じっくり読みます(^^)v
[PR]

by blueblueclub | 2006-07-04 23:38 | book

DEATH NOTE HOW TO READ 13

来週の12巻が待ち遠しいんですが、
また公式解析マニュアルなるものが出るらしいデス。
しかもちょうど13ってゆーのがニクイですね。
特装版だけに付いている、
キラ事件シュミレート指人形5体セット!!
ジオラマシート付き!!
これでニアと遊びたいです♪
ちょっと欲しい(*^_^*)
13冊収納できるアートボックスもステキ。
でも、高いです(+_+)

DEATH NOTE HOW TO READ 13
[PR]

by blueblueclub | 2006-07-01 09:13 | book

cocoro<心>かわぐちかいじ

cocoro<心>かわぐちかいじ

こんな漫画も描いてたんですね。
『ダ・ヴィンチ VS かわぐちかいじ』
とかって、表紙にでかでかと。
ダヴィンチ・コードに乗っかっちゃおうとゆー作戦ですね^^
ってゆーか、作戦にハマったのは私ですけど(^_^;)
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-25 18:47 | book

ヒカルの碁

ヒカルの碁 (1)
ほった ゆみ 小畑 健 梅沢 由香里 / 集英社

これも入院中にヤフオクにて。
いつも『Death Note』の後に広告が載ってて、
気になっていたのだ。
んで、リュークみたいに主人公にくっつかっているやつがいる話だって友達に聞いてたんで(笑)
ホントにそうだったわけだけど、リュークとは大違いのステキな殿(*^^*)
でも、途中でいなくなっちゃうんだよね、あっさりと。
そーいえば、Lもあっさりいなくなったよなーなんて思ってみたり。
まあ、原作は違う人だけど。
前半の絵はやっぱりどこか昔っぽい。
だんだん良くなってきて、扉絵がステキになってくる♪
そうそう、ニアちっくな三谷くんがかわいいw

碁やりたい。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-17 16:41 | book

いろいろ

お友達がお見舞いにと漫画をくれました♪

『ケロロ軍曹』
『きらきらひかる』
『下弦の月』
『ソルジャーボーイ』

どういう基準で選んでくれたのか、まったくもって謎(^_^;)
『下弦の月』は前に借りて読んだことがある。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-13 09:08 | book

あやつり左近

入院中にヤフオクにて。
Death Noteつながり。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-12 08:53 | book

鋼の錬金術師

~13巻
入院中だったのであっという間に。
リンとランファンの会話が『十二国記』を思い出す。
尚隆の言葉かなぁ。
「民あっての王」みたいな感じ。
んで、片腕を失いつつも国を思うってとこが、
李斎を思い出しちゃってねーー。
次は『十二国記』読も。

シャオメイとアルがいいっっ。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-11 15:46 | book

ジパング 23巻

ジパング 23 (23)
かわぐち かいじ / 講談社
[PR]

by blueblueclub | 2006-05-14 20:59 | book

万祝

万祝 6 (6)
望月 峯太郎 / 講談社
[PR]

by blueblueclub | 2006-05-13 21:01 | book