タグ:攻殻機動隊 ( 22 ) タグの人気記事

イノセンス

DISCAS レンタル

最初に説明がついてるのがいいっっ。
なにげにあれが一番おもしろかったかも^^

とりあえず、「GHOST IN THE SHELL」の方が好きかも。
全体的にCGいっぱい、おなかいっぱいって感じ(+_+)
なんか、ゲームの途中によくあるムービーかと思っちゃう^^
キムさんちのループしちゃうとことかも、ゲームチック。
何かのお祭り(?)のシーンも長いし。
CGがすごいのはわかったから許してっっみたいな(笑)
曲は前回にも増してすごいし、
メイキングを見たらまた印象が変わってしまうかもですが(^^ゞ
やっぱり、映像的なものは「スチームボーイ」の方がすごいな。
これは好みの問題なんだろーけど、CGを感じさせないデジタルさ加減が、
アニメのよさを残しつつ技術的にはすっごい進化してるって感じ。
だけど、CGがすごくて思ったのが車。
みんな車がベカベカトロトロなんですよぉ(>_<)
あの映り込みはスゴイ。
形はやけにクラシックなのに、
未来の車はこんなスーパー塗装になってるのかと思うとワクワクです♪
って、そーゆーつもりで描いてるわけじゃないのかな^^;

バトーが犬と暮らしている。
バトーってさ、ほとんど義体化してるわけじゃん。
でも、あんなに犬もなつくんですね。
義体ってすごいんだなーと感心しながら見てしまった^^;
あの犬もそんなプログラムされてんのかしら、とか思ってみたり。
トグサがクローンだって言ってたけどね。
オリジナルは高価なんだそうですもん。

そんな時代にも、あんな安っぽいヤクザがいるんだぁとか、
なんかね、ストーリーよりもそんなことばっか思いながら見ちゃったなー。

だって今回、セリフが引用だらけでわけわからんもん(+_+)
私も外部記憶装置が欲しいよぉ。
そうすれば、みんなが言ってる引用も容易く理解できるんじゃないのかしら。
トグサの検索をバトーが皮肉ったりして、
やっぱり、人によって偏った検索になんのかなー。
ちょっと、楽しそう^^
「人形」で私が検索(笑)してヒットしたのは、森博嗣の『人形式モナリザ』
保呂草さんが「人形」をキーワードのひとつに上げてた。
人形を形容する場合、「人のような人形」では馴染まない。
それは、「人のよう」であることが当然の機能だから。
ごく自然な表現として、「生きているみたいな人形」となる。
人は生きている他人を見て「生」を感じる機会は少ない。
それなのに、人形にはそれを見る。

押井果汁100%『イノセンス』徹底解剖!  Exciteニュースな本棚
[PR]

by blueblueclub | 2005-09-03 10:27 | movie

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

『攻殻機動隊1st』も見終ったし、
コレも見なくちゃっと。
思えば、前回はパソコンの映像配信で見たんだった。
やっぱ、大画面大音響で見ると印象違うわw
でも。
ずっと、ここ最近TV版を見続けていただけに、
キャラのイメージがね。
描いてる人が違うんだから、仕方ないっちゃー仕方ないんだけども。
まず、なんてったって荒巻課長の髪型が違う^^
  (とんねるずの博士と助手の憲さんを見ると荒巻課長を思い出すのは私だけ??)
課長は声も違うしね。
バトーも髪型のせいか、老けてるし。
痩せてんのかな?なんか、ごつい感がない。
んでんで、素子さんは一段とサイボーグちっくな質感でなんか怖い。
私は原作読んでないし、どっちがイイとか合ってるとかじゃないんだけどさ。

だけど、10年前の作品だと思うとスゴイかも。
映像もキレイだし。
途中、曲がメインな感じのシーンがいくつかあって、
そんな演出が印象に残った。んだけど、寝不足だった私は眠くもなった(^^ゞ

ってことは、次に見ようとしている『イノセンス』は
この雰囲気ってことよね。
音楽も一緒だし。
劇場版は押井ワールドってことかぁ。
あれから9年経ってるわけだし、
メイキングにもあったけど、あれよりもずっとずっとデジタル化されてるんだよね。
どんだけ、変わっているか楽しみ♪
でも、レンタルだとメイキングがちょっとしかないんだよね(ToT)

あっっ、あの犬っ!
イノセンスについてくる犬じゃん。なんなんだ??気になる。
[PR]

by blueblueclub | 2005-08-25 13:50 | movie