タグ:読書 ( 51 ) タグの人気記事

重力ピエロ/伊坂幸太郎

重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 / / 新潮社



伊坂も2冊目。
目次を見てびっくり。
なんて細切れなの!(思えばオーデュボンも細かかったか^^;)
だからかな、テンポがあるというか、
オーデュボンよりもリズム感があっていいかな。
リズムを先に考えてから字を当てはめているんじゃないかってぐらい、
字数が計算されている感じ。読んでて気持ちいい。
でも、引用がやたらとあったから、映画のイノセンスを思い出しちゃった。
春も外部記憶装置を持っているんじゃないかしらん、なんて(笑)

すぐに思ってしまったのが、パパが癌なのよねー。
たしか、オーデュボンでもお祖母ちゃんが癌だった。
まあ、それはあまり話には関係ないんだけど^^;
主人公の弟、春。
どうもTUBEのギタリストのハルを思い浮かべてしまうよー。
そして、映画化されることは知っていて、渡部篤郎が出演するのは知ってた。
すぐにわかっちゃったわ~、葛城が出てきたとき。
あー、きっとこの人を篤郎が演じるのね~って(笑)
加瀬くんもかなりハマっていると思うな、泉水役。
こないだまで、仙台でロケをしていたのよね。
見たかったなぁ。
そうそう、やっぱり舞台は仙台なわけで、連続放火されるんだけど、
こないだ、街をぶらぶらしていたら、あの現場はこの辺かなぁ、とか、
葛城のマンションはこの辺?とかいろいろ思ってしまった^^
そうそう、駅の近くの地下道とか歩いちゃって、
ここで春がアートしていたのねー、なんてイメージしてみちゃったり(笑)

ストーリー的には、これもミステリっぽくはぜんぜんなく、
謎なんかもないに等しいし、ある家族のお話を読んだって印象。
パパがかなりいい!!
その良さを見抜いて、即効押し掛けてきたママも素敵(^_-)
放火の犯人探しよりも、所々に出てくる、この家族のエピソードが、
この本のメインかなと。
愛がいっぱいなんですよね~♪
パパの最後の言葉にも救われたし(*^_^*)

ただ、あのオチはいただけなかったなぁ(-_-;)
文章の見た目は美しい終わり方だったけど、
内容的には、えーーっっって感じ。
結局自首しないんですかね??
落ちたところで平気っていう二階の屋根だったわけだから、
自殺したとは考えにくいし、だいたい兄も自首を止めるな(-_-;)
んー、とにかくこの終わり方で一気に冷めてしまったなぁ。

オーデュボンでは人生をエスカレーターに例えていたけれど、
ピエロでは川に例えていたっけ。
神様のレシピといい、人生はそうそう変わらないっていうのが、
作者の人生観なのでしょうねー。
でも、私もそう思うかな。じたばたしても始まらないっていうか。
「人はどんなものでも意味をみつけようとして、時間を無駄にする。」
これにも共感♪ というか、ちょっと森ちっくー、と思った。
森ちっくといえば、探偵さん。
Vシリーズの保呂草さんを思ってしまった♪
でも、あとから知ったのだけど、他の伊坂作品に登場しているキャラらしい。
そういえば、オーデュボンの伊藤も出てたしね。
いろいろとリンクしているらしい。
この辺も楽しめるみたい。というか、それも森ちっく(笑)

そうそう、夏子さんもよかった。
普通にいたらかなりヤバいけど、どうも憎めない夏子さん♪
[PR]

by blueblueclub | 2008-07-07 12:17 | book

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 / / 新潮社

瞳さんにお勧めいただいた、伊坂幸太郎。
これがデビュー作らしいです。
本当は、今、仙台で映画撮影をしている『重力ピエロ』を読もうと思ったのだけど、撮影中で話題になっているからでしょうか、
ヤフオクでは安くないし、店頭では売り切れ(:_;) 3軒行ったのに;;
ネットで注文しようかとも思ったけれど、
その日は病院に行く日で、どうしても本が欲しかった^^;
ので、デビュー作とは知らずに、こちらを購入。

伊坂幸太郎は仙台在住らしく、お話の中にも仙台がたくさん出てくる。
それだけで、親近感w
読み進めていくと、なんだかちょっとファンタジー(*^_^*)
この感じ、ひさびさだなーと。
村上春樹を思い出した。
懐かしいなぁ。

場面が変わるところにある、カカシのマークがかわいい♪
その内容(場所?)によって、おばあちゃんだったり警官だったり。
そのマークのおかげで、突然場面が変わってもすんなり入れる♪
読みながら、カカシマークのお話と警官マークのお話が、
半々ぐらいで交互に進んでいくのかなー、と思っていたのにそうでもなかった。
静香が何かアクションを起こしてくれるのかと思い、期待していたのに、
絵葉書、読み忘れてたとか言ってるし。えーーー(-_-;)
主人公の伊藤が連れて来られた荻島は、のんびりした雰囲気の不思議な世界。
伊藤がこの島をブラブラして、いろいろな人とかかわり合うのだけど、
のんびりな空気のせいか、ぜんぜん時間が進んでないの。
えーー、それって昨日のことだったのー、みたいな。
現実世界(?)の仙台での話は、警官マークなんだけど、
警官の城山っていうのが、残虐で恐ろしい(>_<)
この怖さと、島でののんびりさが、なんともいい塩梅に絡まって♪
んー、でも城山の最期はちょっとあっけなかったカナ。

優午というカカシ。
人としゃべるし、未来がわかる。
オズの魔法使いをイメージしちゃう。
その優午、サン・フアン・バウティスタ号の竜骨で作られたらしい。
船の竜骨というと、ワンピースのメリー号を思い出しちゃう。
やっぱり、禄二郎も船の妖精を見たのかしらん、なんて。
それにしても、案山子の誕生にはグッときた(>_<)
最後はあの丘の上で、聞くことができたのでしょうね~。
その時、静香はみんなに囲まれ拍手を浴び、納得し安心したのでしょうか。

ところで、この本はミステリだったのですねーー^^;
なんとなく、最初に村上春樹を思ってしまったので、
ミステリだなんてことは、ちょっとも意識せずに読み終えてしまった(^^ゞ
優午は物語前半で殺されて(?)しまうわけです。
優午は未来がわかる案山子なのに、
なぜ自分が殺されることがわからなかったのか?
わかっていたなら、なぜ回避できなかったのか?
というところが、謎だったらしいのですけど、
私は、そんなのわかっていたに決まっているじゃん、と思ってしまっていたので、
あまり、そこは不思議に思わなくて。
あれー?それじゃダメだったかしらん。

でも、名探偵の話が出てきたよね。
名探偵は事件を解決し、犯人を指摘する。
ただ、犯罪そのものが起きるのを防ぐことはできない。
「私は無責任なカカシなんですよ」と、
初めに言った優午の気持ち、わかる気がする。

優午が作られたかもしれない、サン・フアン・バウティスタ号、
復元されたものが石巻にあるのですよね。
まだ行ったことがないので、そのうち訪れてみよっと♪


桜の実写版みたいなぁ。カッコよいんだろうなぁ(*^_^*)
[PR]

by blueblueclub | 2008-06-18 13:39 | book

月は幽咽のデバイス/森博嗣

月は幽咽のデバイス (講談社文庫)
森 博嗣 / / 講談社

久しぶりにVシリーズが読みたくなってみた。
『月は幽咽のデバイス』はVシリーズの3作目。
最初に読んだとき、ここまでは文庫になっていたので買って1度読んだきりだった。
他はノベルズ版を読んで、文庫が出たらまた読んで~、みたいな。
んー、相変わらず謎が多いまま終わってしまうのですが、
久々に保呂草さんに会えたし、練ちゃんとしこさんのトークも聞けたし、
楽しかったデス(*^_^*)
ミステリで密室ものって、間取りが載っていたりするじゃないですか。
それがあったらいいのにって。
そうしたら、すぐにわかってつまんないですかね?
それにしても、オスカーは何者だったのでしょう?
[PR]

by blueblueclub | 2008-05-23 16:17 | book

ぼんくら

ぼんくら〈上〉 (講談社文庫)
宮部 みゆき / / 講談社



模倣犯と一緒に友達が貸してくれました。
宮部の時代ものはいくつか読んだことがあります。
そして、あとから知ったのですけど、同じキャラの描写があるようで、
ちゃんと覚えていれば、ちょっとおいしかったのかもしれません。

最初は鉄瓶長屋を舞台にした短編集かと思って軽く読んでいたのです。
そうしたら、どんどん話が絡まって、やっぱミステリだったのねー、みたいな。
ぼんくらな平四郎さん、面倒がいやなら最後までほっておけばいいのに、
なんて思ってもみたり。
弓之助&おでこさんがかわいい(*^_^*)
[PR]

by blueblueclub | 2008-05-23 11:40 | book

模倣犯 /宮部みゆき

模倣犯(新潮文庫)
宮部 みゆき / / 新潮社
ISBN : 4101369240
スコア選択:


5巻と長かったけど、後半は一気に読み進みました~。
映画を見て、どうも納得いかなかったので読みたかったのです。
1巻は被害者側の話が多く、一応ストーリーは映画で知っているので、
なかなかハマれず。なので細切れで読んでいたため余計にハマれず^^;
映画ではヒロミに惹かれたので、早くヒロミの話にならないかな~なんて、
思いながらダラダラと読んでいたわけです。
そうしたら、1巻の終わりで映画の最後の方に出てきたと思われる
事故のシーンが。ええっっーー??!!もしかしてこれってあの事故??
ヒロミはもう死んじゃったん??
まあ、2巻からヒロミの話になり、そこからは飽きることなく読めたわけですが。
ヒロミの登場があの事故だったのには、ちょっとびっくりでした。
ヒロミとカズの関係やピースとの出会い、
映画では伝わらなかったそれぞれの気持ちがわかって納得。
その気持ちがわかったあとに、またあの事故のシーン。
それも、細かい描写で最期まで書かれているわけで。
読みたくないけど読まずにはいられない。
あー、もう切なかったです(:_;)
それにしてもピース怖いっす。
でも、映画を見たあとなので中居くんの顔が浮かんじゃうんですけど。
そして、映画ではあまり出なかったカズの妹が
あんなことになっていたのにはちょっとびっくり(*_*)
というか、その話はちょっと長かったかなー。
後半はあまりに一気に読んでいたたためか、
まだ4巻だと思って読んでいたのが5巻だった(-_-;)
だから、ええーー、あと1冊どんだけ引っ張るのぉ??と思っていたの。
そうしたら、完だった(^^ゞ
『本当のことは、どんなに遠くへ捨てられても、
いつかは必ず帰り道を見つけて帰ってくるものだから』
真一くんも元気になってよかった。

結局、意味不明な映画のラスト、原作にはないんですねー。
な~んだ、結局映画のラストの意味は不明なままかー。
映画・模倣犯の感想
[PR]

by blueblueclub | 2008-05-23 11:25 | book

タカイ×タカイ/森博嗣

タカイ×タカイ (講談社ノベルス モF- 41)
森 博嗣 / / 講談社
ISBN : 406182578X

地上15mに掲げられた死体?
なんか、こんなの読んだような気がするんだけどな?
持っていたっけ?と何度も確認してしまった^^;
そうしたら『ηなのに夢のよう』でしたねー。
Gシリーズ。
地上12mの首つり死体でした^^
そっか、と思っていると、その話題も作中に出てきました。
その首つり事件と今回の事件が関連性があるかもってことで、
あの人の登場です(笑)
首つり事件て、終わっていなかったんでしたっけ??
あのあとGシリーズは出ていないわけですから、
次はこの事件にもふれられたりするのでしょうか?
あれ?時系列ってどんななのでしたっけ?
もう、?ばかりになってしまうなぁ^^;
9月に発売予定みたいですねー。
それまでに、また読み返しておいた方がよいかな?
っていうか、絡み過ぎていてどれがどれだか、もう(>_<)
マジシャンの話ってことで、『幻惑の死と使途』も思い出しますよね。
もう忘れちゃったのでなんとも言えませんケド、最後の人とか怪しいですね^^

なんだか、単純な1冊のミステリとしては無理な作品になってきたような。
んー、Gシリーズが始まったときからそうだったような気も^^;


そうそう、こないだ映画館に行ったとき、見ました!!
『スカイ・クロラ』の予告を!!
いやー、よかったです。
早く見たいです。
原作は映画を見てから読もうと思います。
スカイ・クロラ公式サイト
[PR]

by blueblueclub | 2008-03-11 13:10 | book

「十二国記」新作 『丕緒(ひしょ)の鳥』

ついにやってきましたね、この日が!
いったいどれだけ待ちわびたことか。
13年7月に「華胥の幽夢」が出たそうなので、じつに6年半ぶり。
あれから、もうそんなに経っていたんだ。
そのあとも、繰り返し読んだからかな、アニメも何回も見たし。
ずっと待っていたけれど、近くにはいた、みたいな^^

やっぱりこれだけ期間が開いても、ファンはたくさんいるのですね。
アマゾンではランキング1位でした♪
発行部数も、通常よりは2万部増やしたらしいです。
それでも、7万8千部らしいので、少ないんじゃないかな?
なんて思ってしまうのですが、どうなのでしょう。
アマゾンでは、もう買えませんでした。
文庫は700万部売ってるらしいですからね。

ということで、私は朝から本屋へ行ってきました。
小野不由美 新作!のポスターとともに、平積みされていました♪
ドキドキと購入し、家に帰るのも待ち遠しくなり、
すぐ近くのお店でモーニングSETをたのみ、
さっそく読んできちゃいました(笑)
b0004697_15103939.jpg

以下、ネタばれあり。


発売を知ってから、読み返そうかななんて思っていたものの、
ぜんぜん読むヒマがなく、久々の十二国記ワールドに緊張。
噂通り、慶国のお話で、丕緒(ひしょ)というのは、主人公の名前でした。
祝い事などの儀式に使う、陶鵲を作る仕事をしていて、
悧王のころから官吏を務めているらしい。
そして、そのあと無能な女王が続いて、
今度、登極する王も女王だと聞かされちゃうわけです^^;
まあ、ここでシリーズを読んでいる人は、あー、陽子だわ~♪って。

その陶鵲というのが、鳥の形をした陶製品(?)で、
それを弓で射るお祭りというか儀式があるのです。
なんとなく、花火のようなイメージでしょうか。
弓で射ると、弾けて音がしたり、香りがしたり。
ラストのシーンは、本当に美しかったです。
お店だったので、涙はこらえました;;

引き籠りだった丕緒は、新王登極で、久しぶりに陶鵲を作るんです。
最後はそれを新王に披露することができるわけですが、
陽子だってことは、ぜんぜん書かれていなかったですね。
新王としての登場です。
でも、アニメも見ているから、顔も浮かんでしまうし、
声も聞こえてしまう(笑)

これを、読んでから『月の影 影の海』を読むのって、
なかなか良いかもしれません。
新しい読者も増えちゃうのかなぁ。

久しぶりに十二国記ワールドに浸れて、嬉しかったのですが、
やっぱり短いなぁ(:_;)
もっと読んでいたかった。
思えば、気になる戴国の話題や泰麒の安否は欠片もなかったし。
これを機に、どんどん発表してもらいたいものです。


yom yom 新潮社

yahoo!関連ニュース
msn関連ニュース
[PR]

by blueblueclub | 2008-02-27 15:55 | book

十二国記 新作!

小野不由美「十二国記」新作 『丕緒(ひしょ)の鳥』 だそうです!
yomyomという雑誌に掲載、2/27発売です。
さっそく、予約しにいっちゃおうかな。

題名の感じからは、図南の翼ちっくですが、どうなんでしょう。
丕 大きな 
緒 物事の初め
ってな意味らしいです。

それと、講談社ではなく、新潮社ってところもポイントでしょうか。
『魔性の子』つながりかもしれませんね。

あー、妄想が大きくなるばかりです。

発売までに読み返しておくべきかしらね、やっぱり。

yom yom 新潮社
[PR]

by blueblueclub | 2008-02-15 13:27 | book

キラレ×キラレ

キラレ×キラレ (講談社ノベルス (モF-39))
森 博嗣

んー、やっぱりそんなオチなんですね。
電車の中で、女性が出てきたときには、
すぐに、あー、あの人かぁ、と思ってしまいました。
相変わらず、ミステリィな部分は、
もうどうでもいいって感じの仕上がりです(・・;)

真鍋くんと小川さんのトークは相変わらず楽しかったですけど、
小川さんの椙田さんに対する態度がイマイチ楽しくないです(+_+)
やっぱり加部谷と海月くんのほうがいいなー。

このシリーズも10巻まで出るのでしょうか?
なんだか不安です(笑)
[PR]

by blueblueclub | 2007-11-26 16:48 | book

21世紀少年 下

21世紀少年 下 (2) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 / / 小学館

ついに終わってしまいました。
最後のまとめ、って感じの1冊でした。
けど、友達の正体は、もったいぶった割には、あんまりな。
ってゆーか、誰だっけ??ぐらいな。
思えば8年も連載していたんですね。
長過ぎたんですかねー。
やっぱり、18巻でまとめてくれればよかったのに(笑)

とりあえず、先を急いで読んだので、もう一度じっくり読みます。


そろそろ、PLUTOも出るね♪
[PR]

by blueblueclub | 2007-10-03 22:12 | book