タグ:読書 ( 51 ) タグの人気記事

塗仏の宴 宴の始末

いったいどんだけかかったのでしょう。
この本て、去年の年末から読み始めたんですよ。
最近、寝る前に読書をしなくなったおかげで、
ぜんぜん読み進まず。
久しぶりに開くとわけがわからず。
戻って読んだりするから、やっぱり進まず(^_^;)
しかも、登場人物というか、事件の舞台というか、
たくさんありすぎなのよねー。
誰がどの関係者だっけ??ってすぐにわからなくなっちゃう。
一気に読めば、もっとおもしろかったんでしょうね。

ただ、関口くんがかわいそうです(T_T)
[PR]

by blueblueclub | 2007-08-16 11:25 | book

イナイ×イナイ/森博嗣

まだ、Gシリーズも途中なはずなのに、
新たらしいXシリーズです。

相変わらず、ミステリとしては消化不良な感じです。
だいたいなんで、千鶴さんはあんな依頼をしたの?
だいたい、あの原始人(笑)は何者?
最後の死体は?
んー、私の頭が悪いんでしょうか?

が、登場人物の会話は、いつもながら楽しめます。
真鍋くんのひょうひょうとした感じ好きです♪
そこに元秘書の小川さんが絡んでいい味がでてます。
そして、鷹知さんが加わるとまたナイス。

椙田さんてどっかで登場してたような気がするんですけど…。
どの話でしたっけ?
探偵で美術鑑定をやっているってことは、きっとあの方ですよね?
そして、最後に登場する萌絵。
やっぱり、繋がっているんですねー。
時系列的にはGシリーズのちょい後ぐらい?

ミステリとしてよりも、こっちで楽しむのが正解ですかね。


イナイ×イナイ
森 博嗣 / / 講談社
ISBN : 4061825313
[PR]

by blueblueclub | 2007-05-23 11:03 | book

ηなのに夢のよう




ηなのに夢のよう
森 博嗣 / / 講談社



いやー、もうどうなんですか?これって。
今回はのっけから海月くんが出てきて、うきうきだったんですよ!!
ところが、そんな気分もつかのまですよ。
やっぱり、四季と萌絵がメインなんですね(ToT)
首吊り自殺なんて、どーでもいいってことですよ。
つーか、とりあえずの謎でもすっきりしてもらいたいです。
相変わらず、嬉しい登場人物もありありでサービス感はありますが、
ずっとこんな感じなんでしょうかねー、Gシリーズ。
やっぱ、Qシリーズだったらよかったのに(笑)

話が大きくなってきたんで、取り残されないようにと思い、
そういえば、『迷宮百年の睡魔』を買ったまま読んでないことを思い出す。
さっそく、読みますとも。

んで、次回作は『イナイ×イナイ』だって。
新シリーズらしいです。
[PR]

by blueblueclub | 2007-01-25 21:49 | book

PLUTO

やっと読みました、4巻。
もちろん1巻から読みかえしました。

原作を読んだことがないので、あの展開には驚きました。
しかも意外とあっさり死亡(+_+)
これからどうなるんでしょう?
原作がすっごく読みたいんですけど、終わるまで我慢します。

いつもながらの感動するエピソード。
今巻ではのっけからやられます(ToT)/
お茶の水博士が、古いペット型ロボットを拾って直す話。
アイボみたいなんですよ、犬型ロボット。
でも、それは超旧式(笑)部品とかもうないんです(ToT)
新しいタイプのペットロボットは、本物みたいな毛並みでした(^_^;)

これも原作にあるエピソードなんでしょうか?
それとも、浦沢オリジナル?
そういえば、また泣いちゃいましたよ、ノース2号。

そうそう!!アトムが飛んでました!
手塚アトムのように、足からジェット噴射して空を飛んでました。
なんか、普通にパーカーを着てる普通の少年の格好なだけに、
笑えました(*^^*)
そのあと、プルートウと戦うわけですが、
泰麒(十二国記)が饕餮(とうてつ)と戦うシーンのようでした。

1巻の最後にアトムが登場→2巻の表紙がアトム
2巻の最後にウランが登場→3巻の表紙がウラン
そして3巻の最後にプルートウが登場
なので、4巻の表紙はプルートウ??って思ってたのに、
知らないおじさんでした(笑)
4巻の最後に登場したテンマ博士でした。
MONSTERのテンマをイメージして、ちょっとうれしかったり。
ぜんぜん違うけど(^_^;)

あー、また1年近く我慢しなくちゃならないんですね。

 

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹 / / 小学館
ISBN : 4091810063
[PR]

by blueblueclub | 2007-01-10 23:09 | book

十二国記 ポストカードブック

山田章博 『十二国記』ポストカードブック
山田 章博 / 講談社
ISBN : 4062559110



先日、裏方さんの『攻殻機動隊』の感想を読んでいて、
サイトーの声優さんが『鋼の錬金術師』のマスタング大佐もやっていて、
調べてみると何気にスゴイとゆーことに。
大佐がサイトーだったってゆーのも嬉しい発見(しかも、左目ね)だったんですけど、
私的に嬉しい発見だったのが、『十二国記』にも出演していたこと。
昇紘と供麒の二役やっていたんですねー。
まあ、供麒はあんまりセリフなかったけどね(^^ゞ

そんなこんなで、早く『十二国記』の続き出ないかなーーーって
思いながらいろいろ見てたら、このポストカードブックを発見したってわけです。
山田章博は大好きなんで嬉しさもひとしお♪
コレ用の描きおろしは二枚しかなかったけど(+_+)
それでも、インタビューなども載っていたし、山田ファンには嬉しい一冊。
講談社も続きが出ないから、いろいろと大変なのね、なんて思ってみたり。
[PR]

by blueblueclub | 2006-12-14 08:51 | book

精霊の守り人

精霊の守り人
上橋 菜穂子 二木 真希子 / 偕成社
ISBN : 4037500205

『攻殻機動隊』の神山健治監督が手がけるという『精霊の守り人』
さっそく読んでみました。
お子様向けのファンタジーらしく、ひらがなが多くてなんとも読みにくかった(+_+)
とりあえず、またもや『十二国記』をイメージしてしまう私。
だって主人公のバルサ。
イラストが時々載ってるんだけど、ポニーテールなんですよ。
んで、がんがん戦うんですよ。
陽子っぽいな、と。
でも、30歳なんですけどね(^_^;)
それにしても、主人公の女性が30歳って…。
しかも、子供向けなのに…。
まあ、『天保異聞 妖奇士』の往壓は39歳ですけどね(笑)

そして、もう1人の主人公チャグム。
この少年が、バルサたちに守られ成長し、
一時は王家に捨てられたものの、結局は王様になるってゆー。
この辺もなんとなく、私から見れば十二国記ちっく(笑)

そのあとのお話もシリーズであるらしいので、
機会があれば読んでみようかな。
でも、この話を神山監督がどんな風に仕上げていくのか、
とっても楽しみだなぁ(*^_^*)


『精霊の守り人』公式サイト
[PR]

by blueblueclub | 2006-12-11 22:46 | book

λに歯がない / 森博嗣



λに歯がない
森 博嗣 / 講談社
ISBN : 4061824988


やっぱり、『ライ麦』途中でこっち読んじゃいました(^^ゞ

んー、どうなんでしょう。
もうGシリーズはファンサービスものって感じになってきたような?!
犀川&萌絵が出まくりです。
海月くんはどこへやら(ToT)
たしかにQシリーズじゃなくてGシリーズですけどね。
でも、保呂草さんがちょっと出てくるのは嬉しかったり。
歯がない死体の事件の謎よりも、
真賀田にかかわる真相がメインの謎っちゃー謎です。

次作は『η(イータ)なのに夢のよう』なんだそうです。
海月くんがたくさん出るといいなぁ。
[PR]

by blueblueclub | 2006-09-19 10:01 | book

カクレカラクリ / 森博嗣

カクレカラクリ―An Automation in Long Sleep
森 博嗣

ホントは『ライ麦畑でつかまえて』を読書中だったんですけど、
立ち寄った本屋で見つけてしまい、
買ってしまい、読んでしまいって感じ^^


コカ・コーラ120周年とコラボしているらしく、
120年というキーワードはもちろん、
コーラが異常に登場するんですよね。
これから読む人には、コーラを一緒に買うことをオススメします♪
絶対飲みたくなりますから(^_-)
karakuri120.jp

そして、ドラマ化されるらしいです。
TBS  カクレカラクリ

以下ネタバレです↓

ネタバレでも読む
[PR]

by blueblueclub | 2006-08-28 22:14 | book

びっくり館の殺人/綾辻行人

びっくり館の殺人
綾辻 行人 / 講談社


いつのまにか発売されてたんですね。
ぜんぜんチェックしてなかった。
見つけて即買いです。
ミステリーランドも3冊目。
あとは京極さんを待つばかり。
でも、いつかは全部読んでみたい。

装丁も相変わらずステキ(*^^*)

以下ネタバレ

ネタバレでも続きを読む
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-22 17:51 | book

マンガや小説、中古で買うと、古いものは焼けてるし、湿気っぽい。
自分で新品で買ったものでも、何年もたつと古くなる。
風呂で読んだりすると、湿気やすかったり。
最近は携帯でもマンガが読めるけど、
やっぱり紙の方が読みやすいし、携帯じゃ雰囲気が出ない。
パラパラ感て大事じゃん^^
これからはどんどん電子書籍化しちゃうのかナ?
確かに、場所は取らないし、データとして必要な本とかだったら便利だけど、
好きなマンガとか小説は本として持っていたいよなー。

レコードやテープがCDやDVDになって、
劣化せずに保存できるようになったのに、
本はずっと紙。
昔の紙に比べたら進化してるのかな?
劣化しない本はできないのかなぁ?

なんか、最近買ってるマンガなんかも何年かたったら、
変色しちゃうのかなー、と思ったら悲しくなっちゃうな。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-21 17:16 | book