タグ:読書 ( 51 ) タグの人気記事

塗仏の宴 宴の支度

塗仏の宴 宴の支度
京極 夏彦 / 講談社

なんか、こうやってタイトルを書いてみると、十二国記ちっく^^
実際は「宴の支度」がサブタイトルだから、字も小さい。
書いてみるまで気づかなかった。

はじめは短編なのかと思った。
いつもと違って題名がたくさんついてるし。
『ぬっぺっぽう』を読み終わって、
??コレが落ち??って。
私が馬鹿でちゃんと読めてないからわからないのかしら??って。
ちゃんと次に続いてました。
話はそこで終わってなかったです(^_^;)
またもや、前作の話題がテンコ盛りだし。
しかも、茜さん。蜘蛛の余韻が残っているうちに読めてよかったかも。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-16 16:30 | book

黄昏の岸 暁の天

黄昏の岸 暁の天
小野 不由美 / 講談社


『鋼の錬金術師』を読んで、ランファンに李斎を思い再読。
やっぱ、何回読んでも泣けます。
あの続きを早く読ませて欲しいっっ
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-15 16:24 | book

絡新婦の理

絡新婦の理
京極 夏彦 / 講談社

おもしろかったー。

最初、女学園の話は京極さんぽくない雰囲気だなぁと思いながら読んでた。どーも、綾辻さんの『緋色の囁き』をイメージしちゃって。全寮制の名門女学園でしょ?魔女とか言われちゃったりとかしてさ。

それにしても、人が死にすぎ(^_^;)
後半のラストスパートにはビックリです。
そんでもって、ぜんぜん出てこないの、関口くん。
寂しかったです。
でも、前作の話題がたくさん出てきてうれしかったり。
ちゃんと順番に読んでて良かった♪

あー、蜘蛛館の間取り図が見たい。
[PR]

by blueblueclub | 2006-06-14 15:56 | book

ダ・ヴィンチ・コード

やっと終わりました。
最初は一気に読んだんですけどね、下巻に入ってからダラダラしちゃいました。
やっぱり、洋物は名前を覚えるのに一苦労デス。
何回も登場人物の紹介を見直してしまった(^_^;)
それと、翻訳家によっても読みづらかったりしますよね。
でも、これは読んでて違和感なかったし、面白かったですよ。普通に。
映画化!!って感じです。
ラングドンはすっかりトム・ハンクスになってましたし^^
主人公二人が謎を解きながら逃げる、捕まりそうになって、また逃げる。
ぎりぎりのところで、また脱出っっ。ドキドキ感がいっぱいです。
後半にはちゃんと、どんでん返しがあったりして、えーっっって声がでちゃいましたし。
最後は二人恋に落ちる、みたいな^^
あれ?簡単に書いてみるとお決まりナ展開ですね、これ(笑)

でも、キリスト教とか秘密組織とか聖杯とか、
場所も海外の行ったことないトコだし、どうもイメージわかないんだな、これが。
  なんとっ!! とかって言われても、なんでこれが?みたいな^^
なので、コレを日本バージョンで、この歴史が実は!!みたいなものを書いて欲しいです。

んで、コレを読んだら読んでみようと思っていた、
ベストセラー本ゲーム化会議なんですが、
さっそく読んでみました。かなり楽しかったです(^^)v
んで、日本版を作るみたいなのりになっててウケました。
やっぱ、そうでしょーって。
日本舞台の方が日本人には衝撃が走りますって。
  麻野 そうか、創価学会の暴露本が出たような感じなのか。
  米光 あるいは、白装束の団体が実は……みたいなノリなんじゃないかな。
  麻野 あ、わかった、日本を舞台に翻案すればいいんだ!
  米光 そうか! 日本に置き換えると面白くなるのかも、
      日本人もショックを受けるのかも!

そのあと『写楽コード』にしようとかってなってました^^

あと、超ウケたのが、昔のタイプのアドベンチャーゲームにしたらってトコ。
  ルーヴル美術館に行くと、裸のじいさんの死体がある。
  「さがす?」「なにを?」とかコマンドが出て、カーソルを動かして調べる。
  カチカチいろいろいじって、
  腹に描かれた五芒星とか調べると「ごぼうせいがかいてある」(笑)。
  ブラックライトを手に入れるとちょっと展開する。


『ポートピア殺人事件』とか思い出して、懐かしくなりマス(^^♪
[PR]

by blueblueclub | 2006-05-17 20:38 | book

εに誓って



εに誓って
森 博嗣 / 講談社


本当はダヴィンチコード読み終わるまで我慢しようと思ってたのに。
やっぱり先に読んじゃいました。

Gシリーズにしては分厚くって(ちょっとだけど)のっけからバスジャックに遭ったりしてドキドキして、なんだか今回良いかもー♪と思ってたんだけど、終わってみると以外にあっさり。
つーか、あの人たちはあれでいいのか??って感じですけど。
海月くんもあんまり出てこないし(+_+)
でも、このシリーズも結局は真賀田さんがらみみたいですね。
[PR]

by blueblueclub | 2006-05-16 21:03 | book

ダ・ヴィンチ・コード

新幹線に乗る前に上巻を購入。
文庫本になったから読もうとは思ってたんだけど、
上中下と3冊に分かれてんのね。
中を見ると字も大きいし、3冊にする意味あんのかって感じだけど、
たくさん買わせようってコトなのかしらね。
[PR]

by blueblueclub | 2006-04-23 16:14 | book

四季 秋/森博嗣

四季 秋
森 博嗣 / 講談社

ただいま読書中…。

なんだけど、いつも、何回か読んでる本を読むときは、
勝手にキャスティングしながら読んだりするわけです。
何回も読むものは、キャラクターが好きだったりするわけで、
イメージがいろいろ浮かぶわけです。

Vシリーズなんかも、今までいろいろ考えながら読んだわけですが、
『四季』は年代が微妙だから、キャストの年齢も微妙なんだよなー。

以下はねたばれ

ネタバレを読む
[PR]

by blueblueclub | 2006-02-16 22:46 | book

ユリイカ 2005年10月号 特集 攻殻機動隊

ユリイカ 2005年10月号 特集 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
/ 青土社

攻殻機動隊をもっと深く味わおうと、購入してみた。
『ユリイカ』なんて雑誌知らなかったです。
「詩と批評」の雑誌らしいです。
神山監督の対談がたくさん載っているらしいので楽しみ。
[PR]

by blueblueclub | 2006-02-02 20:54 | book

レタスフライ/森博嗣

レタス・フライ
森 博嗣 / 講談社

さっそく、『刀之津診療所の怪』だけ先に読んでみる。
とりあえず、『εに誓って』を早く読みたくなるっ!
つーか、その前に他の短編も読まなきゃ^^

以下、ネタバレ

ネタバレ
[PR]

by blueblueclub | 2006-01-13 20:56 | book

四季 夏/森博嗣

四季 夏
森 博嗣 / 講談社


1/13~2/1
[PR]

by blueblueclub | 2006-01-13 11:04 | book