人気ブログランキング |

闘病日記 その2 脳脊髄液減少症

ぜんぜん痛いので、朝一番に病院へ。
痛くて立っていられない、でも、横になっている方が楽なことに気づく。
ここでやっと『脳脊髄液減少症』と診断された。
もっと早く、横になると楽ですか?とか聞いてくれればいいのにと思う。
普通の鎮痛剤なんてぜんぜん意味ないんだって(-_-;)

『脳脊髄液減少症』
交通事故やスポーツなどによる衝撃で、
脳をおおう硬膜に穴があき、脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液が漏れて、
普段は浮いている脳の位置が下がり、頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れるらしい。

とりあえず、点滴を。
安静にして点滴をしていれば、たいていの人は10日ぐらいで治るらしい。
自然に穴が塞がるのを待つって感じ(^_^;)
ブラッドパッチという治療方法もあるけど、100%治るわけではないし、
保険が効かないらしい。
ので、先生的には最初はおすすめしない、とのこと。

ここで、なんだ、点滴して寝てれば治るのかぁ、と楽観的な私。
とりあえず、通院で点滴をすることに。
たしかに、横になっていればだいぶ楽にはなってきたような気がする。
でも、トイレに行くのも決死の覚悟が必要。
食欲は普通。
光に敏感になったみたいで、普段の照明でもまぶしく感じる。
あとは耳鳴りがちょっとしんどい。

by blueblueclub | 2006-05-19 17:08 | 脳脊髄液減少症