人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アジカン@Zepp仙台

ASIAN KUNG-FU GENERATION
Tour 酔杯2007 - Project Beef -

遅めに会場入りしたけれど、女の子の多さにびっくり(*_*)
前はもっと男の子の方が多かったような気がしてたのに。
ごっちがモテモテなのかしらん。
まあ、とにかく私が最年長だわね(・・;)
まずは前座でOCEANLANE、最後の3曲ぐらい聴いたよ。
なんか、洋楽ちっくな雰囲気。
ボーカル&ギターが2人左右にいて、
真ん中にベースがいるってゆー、なんとも不思議な感じ。
でも、真ん中でクルクル回るベースは意外と好きかも。

演奏が終わり、ステージに幕が。
あら、最近はアジカンも登場に幕なんか引いちゃうんだ~。
しかも、それだけではなかった。
しばらくして、幕が開くと中にはまた白い幕。
そこに今ツアーの文字が。
いよいよ始まるかと思いきや、しばらくそのまま。
しばらくして、文字からツアーキャラ(?)の牛くんに変わる。
今度こそ始まるかと思ったら、またしばらく放置される(-_-;)
次は何やら赤いフツフツとした映像が繰り返し(いくらみたいだったな(笑))
徐々に色が変わっていく。
そして、演奏が始まるわけだけど、まだ幕が下りない。
メンバーのシルエットが次々に映し出される。
お前らはラルクかっっ(笑)
なんだか、アジカンたらこんなにもったいぶった登場しちゃうんだ~。
最近はこんな演出にもお金をかけられるようになったのね(しみじみ)

まあ、それはいいんだけど遅い!!
せっかく、前座もあり、体も温まったと思っていたのに、
すっかり待ちくたびれた。
もったいぶり過ぎだよっ(-_-;)

とは言え、1曲目からアフターダークよかった♪
やっぱり、アジカンは生で聴かないとだな。
冬を意識してか、照明などの演出も、ツリーのイルミネーションちっくだったり、
ミラーボールが雪のようだったり、白い照明の中に、
赤や青がいい感じで入ってきて、なかなかステキでした。
セトリも、冬ちっくな曲をいくつか入れてきてたし。
いつものZEPPのポジションが左側なのもあるけれど、今日もベースを凝視^^
でも、左からベースを見ていると、視界にドラムも入ってきて、
リズム隊をぞんぶん味わえマス(^.^)
ブルートレインとかカッコよかったなぁ。
でも、ブラックアウトも好き。
アレンジがカッコ良かったのが君という花
そうそう、新曲も2曲聴けた。
2月に出るらしい。アルバムはそのあと?

ごっちは新幹線で仙台入りし、ZEPPの正面から普通に入ってきたらしい。
入り待ちしている人など誰もおらず、さみしかったらしいよ。
以前、仙台に来たとき、新幹線でTUBEと一緒だったんだって。
駅には入り待ちしているTUBEファンがたくさんいたそうな。
「夏の歌ないからかな~」なんてボソッと(笑)
てか、「TUBEって知ってる??夏のバンドなんだけど」なんて言ってたよ。
「今年は冬にアルバム出すよっ」って言いたかった(笑)
けど、確かにアジカンのファン層では、
TUBEと言っても誰も興味を示してなかった(;_;)
そこで、客席から「夏の日、残像!!」という声が。
ごっちは「今日はやんねーよ」と言いつつも最後には「考えとく」って。
そして、アンコール1曲目に歌ってくれました♪
なんだか、他会場と違う曲を聴けて、得をしたような気分になったけど、
予定の曲に加えたのか、それとも予定の曲を削って「夏の日」になったのか……。

今日はまだまだ歌うよ~と言い、アンコールを4曲。
あっさりはけたので、今日はダブルアンコールまでありかぁ、
と思い待っていたら、ゾロゾロと帰りだすお客さんたち(・・;)
あれ?ごっちはまだ歌いたそうだったよね??
えーっっ、みんな冷たいなぁ。
きっと、関西とかではダブルアンコールがあったに違いない。
アジカンかわいそう(T_T)

いつも言いますけど、アジカンはライブが良いです。
CDだとイマイチ(シツレイ^^;)だけど、生で聴くとカッコよいんですよね~。
アルバムツアー、これに懲りずに仙台にもまた来てね(^_-)

by blueblueclub | 2007-12-18 11:29

マイアミ・バイス

WOWOW

M:I:Ⅲと続けて見たから、感想がごっちゃになっちゃう。
んー、これもユルイ潜入操作のお話かな(笑)
もっと、コンビで活躍する刑事ものだと思っていたのに、ちょっと残念。
やっぱり、テレビシリーズの方がおもしろいのかしら。

敵方であるヒロインと付き合うのは、潜入操作の一環かと思っていたら、
実は本気ですって言われても、なんだか盛り下がります。
しかも、最後には逃がしちゃうって、いったいどーなんですか、刑事として。
銃撃戦とかリアルでカッコよかったし、
(仲間の女性の狙撃手(?)がカッコよかった)
ボートのシーンとか車とか飛行機とかも派手で良かったけど、
なんだかストーリーが、えーっって感じ。

でも!!コン・リーが美しかったデス(*^_^*)
しかも、私より年上とは、これまたびっくり!!
コリンにはもったいないよ。
SAYURIも見てみなくっちゃ♪

by blueblueclub | 2007-12-13 14:48 | movie

M:I:Ⅲ

WOWOW

ⅠとⅡはDVDを持っているのだけど、
Ⅱがつまんなかったから、買うの我慢してました。
でも、Ⅱよりは面白いという噂だったから、ちょっと期待。

いやー、のっけからドキドキなところが、期待を膨らませます。
やっぱり、この曲が流れるとワクワク。
挿入歌も一緒なものが流れるし♪

イーサンは引退して教官になっていて、しかも結婚するところでした。
てゆーか、イーサンて本名だったのね。
引退したとはいえ、スパイだったのに名前明かしちゃっていいんだ、みたいな。
相変わらずゆるいスパイだわ(笑)

最初の仲間を救出するミッションとか、
バチカンでのミッションとか、ひとつひとつはなかなか楽しめたんだけどね。
マスクの作り方とかわかったし♪
車もカッコよかったし。
橋での銃撃戦とか派手でよかったし^^
でも、やっぱりイーサンが悪いよねー(笑)
飛行機であんなに熱くなっちゃって、
あんなに感情の起伏の激しい人には任務を任せたくないよ。
しかも、そのあと婚約者がさらわれて、その救出作戦。
あれって個人的なものだよね?
仲間も付き合わされて大変だわ~。
まあ、それが黒幕の作戦といえば作戦だったようだけど^_^;

そして、その婚約者がスゴイ!!
初めてで、しかもあんな時に冷静に、よくも銃を扱えたもんだ。
イーサンは教官だし、I.M.F.のこともばらしちゃったし
(つーか最高機密組織なんですケド^_^;)
ジュリアもスパイに育てるっていうのが、よいんじゃないかしら。
あっ、それがⅣ?!(笑)

by blueblueclub | 2007-12-13 10:50 | movie

フルスピード

WOWOW

ドイツ映画です。
「ダンケ」って言ってるのだけわかります(笑)
WOWOWのカーアクション特集でやってました。
のっけから、運転荒いです。
緊急車両だからって、あの運転はないだろ、と(笑)
教習車と事故って社長婦人と出会うわけですが、
ドイツの教習車はBMWでした。いいなぁ。あれ?社長婦人だから?
街にはベンツが路駐してます。
パトカーはオペル。
そして、主役は赤いゴルフGTIです♪
後半には黒いゴルフが3台出てきて、4台並ぶシーンもなかなかです。
でも、題名の『フルスピード』感はあんまりですかねー。
ドイツの町並みを、たくさんのパトカーが、
捕まえる気あんのか?って感じで追いかけます^_^;
でも、赤いゴルフがドイツの町並みを走るのは、雰囲気よかった♪

友達が結構使えましたね。
犯人にイメージカラー(?)があるのも、なんかよいです。
グリーンのマフラー、似合ってました。ちょっと、ココリコの田中ちっくでした(笑)
そういえば、あの子分はどうなっちゃったんでしょう?
やっぱり爆死ですかね。ちょっとかわいそうorz

改造された車に乗ってしまい、脱出できずに困っていたのに、
最後は自分たちで車から脱出してました。
なら、最初からそうやって出ればよかったじゃん、なんて思ってみたり。
っていうか、あの警察コンビはなんだったんでしょう?

ストーリーはともかく、テンポもほどよく、時間もお手ごろなので、
暇つぶしには当たりかも^^

by blueblueclub | 2007-12-06 12:00 | movie

宇宙戦争

WOWOW

トム・クルーズカッコよいです。
でも、ダメダメなお父さん役。
離婚して別れた子供たちを預かるわけですが、
そこに宇宙人がやってきて、確かめ合う親子愛、みたいな。
よくあるお話です。
そっちがメインなのかなぁ。
もっとSF色が強いのかと思ったのですけど、そうでもなかった。
宇宙人弱いし^_^;

でも、特撮シーンはさすがハリウッド、お金かかってるわ~って感じ♪
地中に埋めてあった(いつ埋めたんだよ)敵のロボットが、
どーんと出てくるわけですが、『うしおととら』の白面の者を思い出します。
足が3本だったけど、9本あればもっとそっくりなのに~、なんて。
そういえば、それに乗っている宇宙人も足は3本だったナ。
そのロボット(?)トライポッドなるものが、街を襲うシーンは迫力満点。
でも、街の人たちったら、なかなか逃げないのよ。
みんな興味津々で見ているわけ。
普通あんなデカイものが襲ってきたら、逃げたり隠れたりすると思うのだけど。
いやいや、早く逃げようよって思ってしまった。
トライポッドは一瞬で人を灰にしてしまうのだけど、
何故かそのあと服だけが落ちて舞う、これも変なの~って感じ。
宇宙人も服だけは灰にできないんですね。なんて器用な^_^;

その盛り上がりも後半はどんどんなくなって、
オチもあっさり。「え~っっ、そんだけ?!!」って感じでした。
途中、あの戦禍の中「俺も戦うっ」って別れた息子が、
先にお母さんのいるボストンに着いていたこともびっくり(*_*)

結局、宇宙人は地球の微生物(細菌?)が身体に合わず自滅。
スゴイのは地球だったってことです。
地球が自分を守っているんだなぁ、と。
んで、最初のほうで娘の指にトゲが刺さったことを思い出します。
パパが抜いてやろうとすると、娘が言うんです。
「大丈夫、そのうち身体が自然に押し出してくれるから」って。
おおっ、ここに繋がるのかぁ、と。
そうそう、人ってスゴイのよね~、なんて思っていたけれど、
地球だって生きているんだわぁ、と思いましたデス。

あっ、この宇宙人たちは世界中を襲っていたわけですが、
なかなかやっつけられない。
そこに、人々の噂話が。
「大阪ではトライポッドを2機ほど倒したらしい」って。
ええーっっ、大阪人てそんなに強かったん?!
なんか、ウケちゃいました(笑)

by blueblueclub | 2007-12-06 09:30 | movie